【花火大会】やっさ花火フェスタ2017開催日は8月13日!アクセスと穴場スポットは夜景と花火の共演がポイント!!

スポンサーリンク

こんにちは、毎日暑い日が続いていますが皆さん体調管理はしっかり出来ていますか。夏は暑さでついつい体調管理がおろそかになりがちですが、夏こそしっかり体調管理をしないと内臓からやられて冷たいビールが飲めなくなりますからね。花火大会も楽しむためにも体調管理にはお気を付けください。

今回は広島の夜を彩る花火大会をについてです。

 

 

広島県三原市で行われるやっさ花火フェスタを紹介します。

 

 

やっさ祭りは1567年に毛利元就の三男の小早川隆景が水軍統一のため三原湾に海城を築いたことを祝って始まった「やっさ踊り」に由来して行われる大きなお祭りです。広島県内でもかなり有名なお祭りで毎年大勢の人で賑わっているお祭りです。毎年約110チーム以上、約7000人の踊り手が町を練り歩くのでそれだけでも見応えがあります。

 

 

祭りのフィナーレを飾るのは花火です。毎年盛大な花火大会で水中花火が迫力満点なのですが、2014年からは中国・四国地方最大級の20号玉があがるのですが今年も上がるみたいなので最大の見せ場なのではないでしょうか。ここまで大きいとかなり響くのでそれだけで感動を与えてくれるのではないでしょうか。今年は三原城築城450年を迎えた節目のとしなので3発打ち上げるようです。

 

 

やっさ花火フェスタ2017の開催日程と会場

 

開催日:2017年8月13日(日) ※小雨決行。荒天時は中止。

打上時間:午後8時00分~午後8時45分 (予定)

打上場所:糸崎港

開催場所:広島県三原市糸崎 糸崎港

 

打上数:約5000発

昨年の来場者数:約10000人

 

お問合せ先:0848-62-6155 (三原やっさ祭り実行委員会 三原商工会議所内)

 

 

やっさ花火フェスタ2017へのアクセス

 

花火大会はやっさ祭りのフィナーレを飾るイベントなどで出来れば花火大会だけでなくお祭りにも足を運んでお祭りから楽しんでほしいです。広島のお祭りの雰囲気と熱気が楽しめと思います。来場は公共の交通機関を使った方が確実だと思います。

 

車(無料駐車場160台)

山陽自動車道「三原久井IC」から県道25号を経由し、国道2号を糸崎方面へ車で12km

会場周辺では交通規制があるのでご注意ください。

 

JR

JR「糸崎駅」から徒歩約15分

 

 

やっさ花火フェスタ2017の穴場スポット

 

広島県でも県内5位以内には入る人気の花火大会なのでベストスポットを取るにはかなり下見をしておかないといけません。さらに来場者数は約1万人と言われていますが、お祭りに参加している人などを含めると約2万人前後になるのでかなり込み合うことが予想されます。なので今回はいくつか穴場スポットを紹介します。

 

 

みはら神明の里

 

夜景と花火を同時に楽しみたい方にはピッタリの場所です。道の駅なのでお手洗いも心配いりません。迫力は欠けますが落ち着いてゆっくり見れるのではないでしょうか。

 

 

国立公園筆影山

 

三原市内を一望出来るのでここま夜景と花火が同時に楽しめるポイントです。

 

 

三原内港西公園

 

穴場スポットではないのですが、お年寄りや妊婦さんや小さいお子さんがいる方はなかなか花火大会を楽しめないかも知れませんが、ここはそんな方が利用できる場所です。三原市役所の向かい側なので移動も便利です。

 

 

本郷大橋西詰

 

お祭り自体は反対側の東詰で行われているので、反対側の西詰は意外にも穴場スポットをなっています。

 

 

今回は広島県三原市で行われる「やっさ花火フェスタ」を紹介しました。「やっさ祭り」も見応えがあるのですが、やはり中国・四国地方最大級の20号玉の花火は是非来場して楽しんでほしいです。広島の中でも人気のある花火大会なので見応えと盛り上がりは保証済みです。

スポンサーリンク

我が街”広島”の魅力を余すこと無くお届けします。
「おしい広島メルマガじゃけん!」

広島のビジネスから遊び、グルメに至るまでメルマガで配信しています。



コメントを残す