【カープ速報7/12】勝利で前半戦を締めくくる!!岩本今季初打席でタイムリージョンソン4勝目!!

スポンサーリンク

1 2 3 4 5 6 7 8 9
DeNA 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1 7 0
広島 0 0 2 0 0 0 3 0 X 5 12 0

 

7月12日・マツダスタジアム・〇広島5対1横浜●

前半戦最後の1戦。カープはしっかり白星で締めくくった。6回終了時点で、2対1と接戦だったが、7回裏代打岩本が、左中間を深々と破る走者一掃のタイムリー2塁打。最後は横浜の連係プレーにミスが出て本塁突入を試みたが、流石にそれは欲張りすぎてジャンプしてホームベースを踏もうとするがアウト。それでもカープに取っては貴重な3点が入った。

この3点で試合が決まったと言っても良い。非常に効果的な得点だった。カープの代打陣は痺れるようなところで大仕事をやってのける。今日も岩本がツーストライクまで追い込まれるまでは、ボール球に手を出していたが、その後はしっかり修正し、甘く入った球を左中間に運んだ。引っ張ればセカンドゴロになる球をきれいに左中間に持っていた。2死満塁だったのでランナーは打った瞬間スタート3人のランナーすべてを迎い入れた。

これが非常に大きかった。この7回の3得点はカープの投手陣を考えれば、4点のリードを2イニング守れば良い。非常にお安い御用と言ったところ。8回までジョンソンが投げ切った。先発投手が8回1失点ならかなりの確率で勝てる。今日は正にそんなゲームの象徴的な試合だった。投打がガッチリ噛み合った。7回裏がこのゲームの全て。あそこで岩本が強引に引っ張っていたらセカンドゴロの可能性が高かったが、きっちり流し打ち。

1打席でしっかりチャンスをものにするカープ代打陣。セリーグの他球団の投手からしてみたら堪ったものではないが、カープとしてはこれがカープの真骨頂。ファンもよく分かっている。ここが大きな差である。なかなか代打の1打席で結果を残すのは簡単な事ではない。カープの代打成功率は高い。その他のセリーグの球団と比べれば一目瞭然。カープは控え選手も虎視眈々と自分の活躍の場を狙っている。レギュラーも気を抜けない。

今日の岩本が見事だったのが、今シーズン初打席でしっかりタイムリーを放った事。これにつきる。今シーズン初打席が痺れる場面で回ってきた。経験値に勝る岩本の執念の一打だった。どんなに経験のある選手でも、最初の1打席目は緊張する。ましてや、最初の打席が前半戦最終戦の痺れる場面。当然、打ってやろうと言う気持ちが強いので、ツーストライクまでは強引になるが追い込まれてからはコンパクトなスイングでしっかりタイムリーを放った。

スターティングメンバー

投手 位置 選手名 防御率
先発 (投) ジョンソン 4.58
打順 位置 選手名 打率
1 (遊) 田中 広輔 0.29
2 (二) 菊池 涼介 0.275
3 (中) 丸 佳浩 0.319
4 (右) 鈴木 誠也 0.297
5 (左) 松山 竜平 0.321
6 (一) エルドレッド 0.287
7 (三) 安部 友裕 0.308
8 (捕) 石原 慶幸 0.237
9 (投) ジョンソン 0.125

スポンサーリンク

我が街”広島”の魅力を余すこと無くお届けします。
「おしい広島メルマガじゃけん!」

広島のビジネスから遊び、グルメに至るまでメルマガで配信しています。



コメントを残す