【花火大会】おのみち住吉花火まつり(尾道住吉花火祭り)2017開催日は7月22日!アクセスと穴場スポットは恋人達の聖地!

スポンサーリンク

こんにちは、大人には長期の夏休みなんぞありませんがそろそろ夏休みが始まります。学生さん達がそろそろ浮かれ気分になる頃です。私もそうでした。夏休みと言えば花火大会が各地で行われます。

今回は広島の夜を彩る花火大会を紹介します。

 

 

祭りと花火大会が合体したおのみち住吉花火まつりを紹介します。

 

 

尾道と向島にはさまれた小さな海である尾道水道を舞台に開催される花火大会です。よく川と間違える方がいるのですが海です。広島県内でも最大規模の花火大会で打上げ総数は1万3000発を予定しています。同日に「広島みなと夢花火大会」が行われていますが、負けず劣らずで広島の夏を知らせる二大花火大会です。最大規模の花火大会と言うことだけあってスターマインはもちろんのこと水中花火、早打ち、音楽花火など内容もかなり豊富です。さらにこの「おのみち住吉花火まつり」は江戸時代中期から続く伝統ある西日本有数の花火大会でもあります。

 

 

また花火の打ち上げに先立って14:30から市内商店街を神輿が練り歩くので一足早くお祭りムードを楽しみたいならこちらがオススメです。さらに海上ちょうちんも披露されるので花火以外にも楽しましてくれます。

 

 

おのみち住吉花火まつり2017の開催日程と会場

 

開催日:2017年7月22日(土) ※小雨決行、荒天時は翌日に順延

打上時間:午後19時30分~午後9時15分 (予定)

打上場所:尾道水道海上

開催場所:広島県尾道市土堂2 住吉神社地先

 

打上数:約1万3000発

昨年の来場者数:約30万人

 

お問合せ先:0848-22-2165 (尾道住吉会 尾道商工会議所内)

 

 

おのみち住吉花火まつり2017へのアクセス

 

たいていの花火大会の会場は駐車場がないのですが、おのみち住吉花火まつり会場には駐車場があります。ただ交通規制もあり打上時間間近になると通行禁止する可能性もあるので早めの行動か公共の交通機関を利用して会場に行きましょう。

 

車(無料駐車場1500台)

山陽自動車道「尾道IC」から国道184号を尾道駅方面へ車で9km

東尾道地区・ベイタウン尾道会館周辺(予定)

 

JR

JR山陽本線「尾道駅」から徒歩15分

 

バス

市内最寄バス停「長江口」下車して南へ徒歩2~3分

 

当日は有料ですがシャトルバスも出ています。

 

 

おのみち住吉花火まつり2017の穴場スポット

 

基本的には水面で綺麗な花火を見るのも醍醐味なので、尾道水道に面している場所は激戦区であり人が密集しています。落ち着いてゆっくり見たいという方には穴場スポットを探していらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

オススメの穴場スポットを数か所紹介します。

 

千光寺公園展望台

 

地元の人のみならず観光地としても知られている尾道のシンボル的な場所です。ロープウェイの時間もその日だけは延長しているので穴場スポットともってこいの場所ではないでしょうか。高台から尾道の街並みと花火を一緒に楽しむことができる絶好ポイントです。「恋人たちの聖地」とも知られているのでカップルの方は是非!

 

尾道市役所(駐車場)

 

前日から場所取りが出来る穴場スポットとして有名です。地元の方が多くいらっしゃるので地元の雰囲気も楽しみたい方にはオススメのスポットです。トイレも近くにあるので花火大会での最大の悩みも解消です。

 

 

駅前緑地公園

 

公式サイトでもオススメポイントとして紹介されています。打ち上げ場所からは距離はありますが、障害物がないので花火は十分楽しめます。最大のメリットは駅に近いのでアクセスが抜群で混雑する前に行動が出来ます。

 

 

向島側沿岸部

 

尾道と言えばしまなみ海道が有名です。沿岸部は花火が近くで見れるのでかなり綺麗な様です。観光名所なので早めに場所を取らないと埋まってしまう様です。地元の人も認めるオススメ穴場スポットの様です。

 

 

今回は観光名所尾道で行われる「2017おのみち住吉花火まつり」を紹介しました。広島の夜空を数々の花火が彩り、夏の訪れを知らしてくれる花火大会なので是非お越しください。

 

スポンサーリンク

我が街”広島”の魅力を余すこと無くお届けします。
「おしい広島メルマガじゃけん!」

広島のビジネスから遊び、グルメに至るまでメルマガで配信しています。



コメントを残す