【カープ速報7/4】巨人にまさかの完封リレーで敗れる!!

スポンサーリンク

1 2 3 4 5 6 7 8 9
巨人 0 0 0 0 0 2 0 1 0 3 10 1
広島 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4 0

 

7月4日・マツダスタジアム・●広島0対3巨人〇

5回まではカープ野村・巨人田口のがっぷり四つの投げ合い試合が動いたのは6回表。坂本のタイムリーで巨人が先制。この1点は仕方がないが、次の2失点目が勿体なさ過ぎた。バティスタが打球を見失いスリーアウトチェンジとなるレフトフライがタイムリーツーベースに変わってしまった。バティスタは守備不安が再三囁かれていたが大事な場面で出てしまった。

打力があるだけに非常に勿体ない。明日は試合前にフライを取る練習だけしなければいけない位手痛い失点だった。野村は顔には出さなかったが痛恨のプレーだったのは間違いない完全に打ち取った打球。本拠地での凡ミスだけに更に目立ってしまう。本拠地なのでしっかり捕球をしなければいけない。これが巨人の選手なら分かるがカープの選手がやってはいけない。非常に痛いプレーだった。スタメンであの様なプレーをされてしまうと、使いにくい。

そうなると非凡なバッティングセンスを持っていながら代打のみの出場となってしまう。出来ればスタメンで4打席チャンスを与えたい選手ではあるが、今日の様な凡ミスをされてしまうとスタメンで使いにくい。打力と守備力との総合力で判断した場合、守備に目を多少は瞑ってもいい選手もいるが、バティスタの場合はまだそこまでの信頼感はない。バレンティン選手くらい圧倒的な打力があれば今日のミスも目を瞑る事が出来る。

これから打撃で返していくしかない。しっかり打撃練習もして一流外国人選手にならなければいけない。エルドレッド並みの打力があればカープなら今日のミスも目を瞑れる。そこまで打撃センスがあるかは未知数。打撃に期待が大きい選手なだけに守備もしっかりしなければいけない。特に鉄壁の守備陣を誇るカープに取って今日の外野はライト鈴木誠也・センター丸・レフトバティスタ。やはりレフトの守備力が明らかに劣っている。

守備難は練習で鍛えるしかない。今日はお得意様の巨人相手だっただけに勿体ない黒星。明日に切り替えたい。明日はカープ岡田。巨人菅野と投手戦が予想される今日よりも更に痺れる展開になりそうだ。

投手戦は少しのミスから得点が生まれる。投手のエラーとも言われているフォアボール。無駄なフォアボールを出さない事が重要だ。明日の試合で岡田が勝利投手になれば、ハーラートップの8勝目となる。今日の試合は忘れて明日の試合に気持ちを切り替えたい。

スターティングメンバー

投手 位置 選手名 防御率
先発 (投) 野村 祐輔 2.63
打順 位置 選手名 打率
1 (遊) 田中 広輔 0.278
2 (二) 菊池 涼介 0.276
3 (中) 丸 佳浩 0.336
4 (右) 鈴木 誠也 0.302
5 (一) エルドレッド 0.295
6 (三) 西川 龍馬 0.31
7 (左) バティスタ 0.257
8 (捕) 會澤 翼 0.299
9 (投) 野村 祐輔 0.158

スポンサーリンク

我が街”広島”の魅力を余すこと無くお届けします。
「おしい広島メルマガじゃけん!」

広島のビジネスから遊び、グルメに至るまでメルマガで配信しています。



コメントを残す