【カープ】月曜カープコラムー交流戦終了後はいきなり首位攻防戦

スポンサーリンク

18日に交流戦が終了し、カープは同率でソフトバンクと並んだが、直接対決でソフトバンクが勝ち越し為、惜しくも交流戦優勝は逃しました。非常にカープナインに取っては悔しい思いをしたと思います。この悔しさをばねに、首位攻防戦では阪神を一気に突き放して欲しいですね。現在阪神は得点力不足の状態に陥っています。交流戦明けの4日間の休養日でどう変わるかですが、勢いはカープ有利と見ていいでしょう。

本拠地マツダスタジアムで行われると言うのも大きなアドバンテージになりますね。やはりビジターよりも、ホームで戦う方がアドバンテージは大きいです。交流戦は雨天順延が1試合しかなく、今年は順調に日程を消化しました。今日、順延になった横浜対オリックスの1戦を残すだけとなった。交流戦史上ここまで順調に日程を消化したのは今年が初めての事。昨日の横浜は試合前に雨が強くなってしまった。神宮球場は試合を開催できたが、東京都、神奈川県で明暗が分かれた。

カープは予定通りの日程で18試合を消化した。交流戦優勝が出来なかったのは残念だが、いつまでも言って仕方がない。試合巧者のソフトバンクがこの3連戦では1枚上だったと言う事。早く交流戦の事は忘れてしまった方が良いと考えるか?それともこの悔しさを糧にするのかは非常に難しい選択になる。どちらでも良いのだが、あんまり尾を引いても仕方がないのも事実。ここをどう捉えるか?

全ては策士の緒方監督がしっかりとその辺りは選手に徹底している事だろう。監督の言葉で選手は物凄く楽になるもの。どんなマジックトークが緒方監督から選手に語られるのかは、監督と選手しか知らない。

とにかく、オールスターまで約1か月。前半戦で阪神以下のチームに早くも引導を渡したい。カープが前半戦で圧倒的なパフォーマンスを見せれば、相手チームは戦意を喪失する事は間違いない。その時期が早いか遅いかそれだけの事と言っても良い。

いきなり阪神の出鼻を挫く事出来れば、ペナントはカープに取ってかなり有利に進んで行くことになる。現在のゲーム差は、3ゲーム。ここで3タテをすれば一気に6ゲームにその差は広まる。逆に3タテを食らえばゲーム差はなくなる。6ゲーム差とゲーム差なしでは大違い。ここは最低でも2勝1敗で行きたい。3連勝するに越した事はないが、相手も必死なのでそう簡単に3連勝は出来ない。そうは言ってもカープは1度火が付けばなかなか止まらない。

スポンサーリンク

我が街”広島”の魅力を余すこと無くお届けします。
「おしい広島メルマガじゃけん!」

広島のビジネスから遊び、グルメに至るまでメルマガで配信しています。



コメントを残す