【カープ速報】初回速攻一挙5点で試合を決める。交流戦優勝に向け前進!!岡田明丈がハーラートップタイの7勝目

スポンサーリンク

1 2 3 4 5 6 7 8 9
オリックス 0 0 0 2 0 0 0 0 0 2 8 1
広島 5 0 0 0 0 1 0 1 X 7 9 0

 

6月15日・マツダスタジアム・〇広島7対2オリックス●

オリックス3連戦を3連勝で終える事が出来たのは、なんと言っても初戦の金子千尋相手に投げ勝ったのが大きい。あそこまでの投手を打ち崩すのは難しい。実際カープが奪った得点は1点のみ。この1点を守り切った。この初戦をとった事により、昨日は今年も神ってる男、若き4番鈴木誠也がサヨナラアーチで激闘に終止符を打った。

そして迎えた3戦目。オリックスに完全に交流戦優勝争いから脱落させる引導を渡した。カープは初回から猛攻を見せ、一挙5点。今日のカープの先発は、岡田明丈。ここまで6勝を挙げている。安定した投球を毎試合披露しており、大崩れする事がない投手。大崩れしないと言うのは大きい。今日も6回2失点としっかりクォリティースタートはクリアした。後は、点差もあったので継投策も楽だった。オリックス3連戦の中で今日が1番楽な試合だった。

楽な試合と言っても戦っている選手は大変だ。一つの油断が思わぬ失点を招く集中力を切らさず、しっかりと試合に挑む事が重要になってくる。集中力がない選手などカープにはいない。どんなスコアだろうと、常に危機感を持って行っている。プロ野球とはそういう世界だ。どんな展開でも相手を侮る事は出来ない。ここがカープの強さの原動力とも言える。1点差でも10点差でも一切油断はしない。その集中力が好プレーを生む。

菊池涼介はさり気なくゴロを捌いているが、実際はかなり大変なゴロをアウトにしている。他の2塁手なら、簡単にヒットを許しているシーンもしっかりアウトにしている。しかも何事もなかったかのように平然とゴロを捌く。ゴロに対しての反応が非常に早い。ここまで守備力の高い選手は内野手ではいない。断トツで菊池涼介が内野手の中では守備力がある。これは他の球団のファンも納得する部分だと思う。

明日からは交流戦優勝をかけて、ソフトバンクとの3連戦が待っている。カープが交流戦優勝に圧倒的有利だが、油断は出来ない。相手も可能性がある限りしぶとい野球を展開してくるのは間違いない。ソフトバンクは総合力の高い選手。現在、内川・デスパイネを欠く中厳しい戦いを強いられているが、打線はそれでもかなり強力。中でも柳田は要注意バッター。長打力があり走力もある。フォアボールも出したくない相手だが、ストライクを取りに行くと痛打される。交流戦最後のカードを最高の形で、締めくくりたい。

スターティングメンバー

投手 位置 選手名 防御率
先発 (投) 岡田 明丈 3.28
打順 位置 選手名 打率
1 (遊) 田中 広輔 0.283
2 (二) 菊池 涼介 0.269
3 (中) 丸 佳浩 0.325
4 (右) 鈴木 誠也 0.316
5 (左) 松山 竜平 0.306
6 (一) エルドレッド 0.281
7 (三) 安部 友裕 0.299
8 (捕) 會澤 翼 0.298
9 (投) 岡田 明丈 0.048

スポンサーリンク

我が街”広島”の魅力を余すこと無くお届けします。
「おしい広島メルマガじゃけん!」

広島のビジネスから遊び、グルメに至るまでメルマガで配信しています。



コメントを残す