【広島カープ】鈴木誠也がサヨナラホームラン!今年も「神ってる」!お立ち台では「最高です」連呼!

スポンサーリンク

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
オリ 0 1 0 0 0 0 2 3 0 0 0 0 6 13 1
広島 0 1 0 0 1 4 0 0 0 0 0 1X 7 11 0

(6月14日・マツダスタジアム・〇広島7×対6オリックス●)

カープの勝ちパターンに完全に入ったかに思われた8回。マウンド上には、盤石のリリーフ陣の一人ジャクソン。しかし、ここでロメロにこの試合2本目となるスリーランホームランを打たれ、瞬く間に同点にされてしまった。最近ジャクソンの調子がイマイチなのは気になる。しかし、ここまでジャクソンで厳しい試合を取ってきたので、ジャクソンを責める事は出来ない。

 

少し、登板間隔をあけるといいかも知れない。中崎→ジャクソン→今村の必勝リレーが色あせる事はない。今まで通り。いまはたまたまジャクソンが少し調子を落としているだけ。夏場には強い投手なので、これから復調する事が期待される。昨日の事は直ぐに忘れるタイプだけにそれ程心配もいらないかも知れない。今日は上手く打たれてしまっただけで、決してジャクソンのデキが悪いと言う訳ではない。フォアボールの少ない投手なので、その点が物凄く安心感を持つ事が出来る。

 

カープ打撃陣が6点を奪えば勝利濃厚だが今日は追いつかれてしまった。こうなったらカバーするのは打撃陣の仕事。投手陣に救われてきたのだから、打撃陣が更に奮起しなければいけない。今日の試合は長い試合になった。本来なら21時前に終わるゲームだったが勝負の世界はそんなに甘くはない。簡単には勝たせてくれない。交流戦優勝がかかっているオリックスが相手なので猶更。相手も必死。

 

広島・オリックス・ソフトバンクの3チーム交流戦優勝は限られた。ソフトバンクは巨人に連敗で脱落しかけているが、カープの星勘定ひとつでは、まだまだ分からない。今日は延長戦に突入した。延長戦に突入するのもたまには良いのではないだろうか?その分ファンは試合が長く楽しめる。勿論、勝たなければ意味がない。今日は9イニングでは決着つかず、延長戦に突入した。本当に長い夜になった最終的には、この日は、鈴木誠也の劇的なサヨナラアーチで試合を決めた。本当にオリックス戦とは相性が良い鈴木誠也。昨年は3試合とも決勝アーチ。今年は2試合目でサヨナラアーチ。昨年からオリック戦で実に5試合中4試合決勝アーチを放っている。完全にオリックス戦では神っている鈴木誠也。今日は最終回延長12回まで試合はもつれたが、投手陣も踏ん張った。鈴木誠也はヒーローインタビューで最高ですを連発した。何を質問されても最初は最高ですだった。

スターティングメンバー

投手 位置 選手名 防御率
先発 (投) 大瀬良 大地 3.03
打順 位置 選手名 打率 最近の打率
1 (遊) 田中 広輔 .286 .211
2 (二) 菊池 涼介 .270 .238
3 (中) 丸 佳浩 .321 .350
4 (右) 鈴木 誠也 .314 .286
5 (三) 西川 龍馬 .352 .444
6 (一) 新井 貴浩 .280 .500
7 (左) 松山 竜平 .292 .333
8 (捕) 會澤 翼 .299 .500
9 (投) 大瀬良 大地 .125 .—

スポンサーリンク

我が街”広島”の魅力を余すこと無くお届けします。
「おしい広島メルマガじゃけん!」

広島のビジネスから遊び、グルメに至るまでメルマガで配信しています。



コメントを残す