【広島カープ】交流戦残り6試合はホームゲーム!6連勝で優勝だ!相手はオリックスとソフトバンク!

スポンサーリンク

カープの交流戦優勝がかかった大事な6連戦が明日から始まる。カープはジョンソンが復帰した事で、フルメンバーで戦えるようになったのは大きい。先週は計算通り4勝2敗。問題は今週だ。交流戦優勝を引き寄せる為には5勝1敗がラインになる6連勝だと確定する。交流戦優勝を争う、オリックス・ソフトバンクとの3連戦は力が入る6連戦だ。投手陣は盤石の布陣。今日は仙台から広島への移動日。飛行機移動だと思われる。新幹線でも仙台→東京。東京→広島で繋がっているが移動時間が長い。幾らグリーン車と言えど、長旅になってしまう。一般的な考えからすると飛行機移動で間違いないだろう。

 

オリックス戦は初戦から痺れる展開になりそうだ、オリックスの先発は前回登板は炎上したとは言え、オリックスの絶対的エース金子千尋が登板して来る。チームの中ではエース。他球団からはその難攻不落ぶりに、【スーパーエース】の異名が付くほど厄介な相手。初戦はロースコアに持ち込まないと厳しい。金子千尋から大量得点を奪う事はかなり難しい。カープの先発は薮田が予想される。6回2失点位になんとか抑えて欲しい。後は、自慢のリリーフ陣で継投策になる。初戦の相手が金子千尋なのは厳しいがそういう一流クラスの投手から点をきっちり取らないと明るい未来はない。先ずは明日金子千尋を攻略する事。話はそこからでないと前には進まない。

 

勝負は始まる前は勝つ事だけ考えていれば良い。それ以外の事は一切考えない事。このファイティングスピリッツが重要なのである。勇往邁進。トコトンカープは躍進して、オールスター前にどれだけ阪神にゲーム差をつけられるかもポイントになって来る。昨年はカープは後半戦一時巨人に4.5差まで詰め寄られ、あとアウト1つで3.5ゲーム差になる場面で菊池涼介が同点ホームランを放ち延長戦をものにした。そこから、カープは一気にトップギアに入り、巨人はジェットコースターのように急降下し、一気にゲーム差が開いた。

 

去年は去年。今年には今年の戦いがある。今年は昨年と全く違った展開になる可能性が高い。交流戦明けはいきなり阪神との首位攻防3連戦が待っている。マツダスタジアムでの3連戦。カープは今日から、25日までの約2週間地元広島で過ごす事が出来る。十分疲れを取る事が出来る。交流戦が終わったあとの4日間は試合がない。カープは地元にずっといられるのは大きい。

スポンサーリンク

我が街”広島”の魅力を余すこと無くお届けします。
「おしい広島メルマガじゃけん!」

広島のビジネスから遊び、グルメに至るまでメルマガで配信しています。



コメントを残す