【カープ速報】カープ痛恨のサヨナラ負け。ジャクソン今季初失点。どうもリズムに乗れないカープ。

スポンサーリンク

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
広島 0 0 0 0 1 1 0 0 1 0 3 7 0
中日 0 1 0 1 0 1 0 0 0 2X 5 11 0

(5月19日・ナゴヤドーム・〇中日5×対3広島●)
何とも勿体ないゲームだった。9回にツーアウトランナー無しから同点に追いつくカープの粘り。しかし、同点までで、この回を終了。出来れば勝ち越しておきたかったが、勝負事にタラレバは禁句だ。9回裏は今村を投入して、中日の攻撃を封じる。誤算だったのは10回に投入したジャクソン。

ここまで超安定した投球を披露してきた助っ人右腕。今日も無失点記録を伸ばすと思われた。しかし、中日もホームゲームなのでいつもよりも応援のボルテージは高い。カープファンも多く詰めかけたが、そこはビジターゲーム。そして野球観戦には絶好の金曜日の夜。試合は延長戦までもつれた。最後はジャクソンがビシエドにレフトスタンドまで運ばれ、サヨナラツーランを被弾。打球が上がった瞬間レフトスタンドのカープファンは静まりかえってしまった。

それも仕方がない。ビシエドの打球がドンドンこっちに向かってくるのだから仕方がない。外野で観戦経験に慣れている人は直ぐにホームランかそうでないかの判断が出来る。ビシエドは打った瞬間ホームランを確信し、1塁ベースに走りだした。ホームランを打った瞬間ビシエドは確信した。ジャクソンを責める事は出来ない。ここまで完璧なリリーフを演じてきたのだから。いつかは必ず打たれる時は来る。絶対に打たれない投手など存在しないのですから。

ここのところのカープは大きな連敗もない代わりに大きな連勝もない。少し一時期の勢いは失っている感は否めない。まだ5月中旬焦る時期でもない。今日は首位阪神も負けた。3位巨人は勝ったが、この前も書いたのは見るのは前のチーム。要するに阪神と言う事。明日はデーゲーム。今日の負けを忘れる事も大切だが、忘れずに糧として明日からの戦いに生かして欲しい。なかなかここの部分の割り切りは難しい部分ではある。しかし、負けを引きずらない事も非常に重要な事。

連敗はしない事。ジャクソンに関しては悲観する事はない。必ず失点する時は来る。その試合がたまたま今日だっただけ。敗戦投手になってしまったが、これまでの貢献度はかなり高い。これからもカープの勝利に大きく貢献していく事だろう。連覇を目指すカープ。今は少しリズムが悪いが連敗していないので、阪神にもそんなに引き離されていない。ここが大きなポイント。阪神との差は僅か1.5ゲーム差しかない。また明日から仕切り直しだ。

 

スポンサーリンク

我が街”広島”の魅力を余すこと無くお届けします。
「おしい広島メルマガじゃけん!」

広島のビジネスから遊び、グルメに至るまでメルマガで配信しています。



コメントを残す