【カープ速報】カープ痛恨9回逃げ切り失敗。鈴木誠也の積極プレーが裏目に。延長戦で涙を飲む。

スポンサーリンク

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
DeNA 0 0 0 0 0 1 0 0 3 1 5 6 0
広島 0 0 0 0 0 0 4 0 0 0 4 10 3

(5月17日・マツダスタジアム・●広島4対5横浜〇)
今日の試合は紙一重だった。鈴木誠也の積極プレーは責める事は出来ない。これまで守備でもチームを救ってきた。カープは3点リードで、ジャクソンー今村の勝利の方程式に繋いだ。今シーズン大瀬良大地の2勝目は目前。8回ジャクソンは危なげなく、今村に。先頭の梶谷を三球三振に切ってとり、着々とカープの勝利へのカウントダウンが始まった。

しかし、続くロペスのサードゴロを安部が悪送球で2塁にランナーを進めてしまった。続く筒香はフォアボール。そして今日のハイライトはここ、宮崎のヒット性の打球がライトに上がり、鈴木誠也が前進し、スライディングキャッチを試みたが、まさかの後逸し、ランナーは全て生還。宮崎も楽々3塁へ。記録上はスリーベースヒット。無理にスライディングキャッチをしなくても良かったのでは?との声も聞こえてきそうだが、そこが鈴木誠也の守備力の高さ。

たまたまでは片づけられないが、本当に紙一重のプレー。所謂ギャンブルプレーと言うやつだが、今日はたまたま後逸させてしまった。このプレーは責める事は出来ない。ここで紙一重のプレー。今日は凶と出てしまった。その後1点差で尚1死3塁戸柱に簡単にセンター前に弾き返せれ、同点。試合は振り出しに。その後は抑えたが、今村は3点のリードを守り切る事が出来なかった。セーブが付く場面での失敗は今年は初めて。

9回裏にカープのサヨナラを期待するファンが熱い声援が送られたが、山崎康晃の前に0点に封じ込められ試合は延長戦に突入。そして10回表は一岡がマウンドへ。いきなりフォアボールを出し満塁のピンチでロペスに犠牲フライを打たれ勝ち越されてしまった。

その裏は丸からの好打順だったが横浜の抑えパットンの前にあえなく三者凡退。今日はカープはいつもの粘りがなかった。首位阪神は勝利し、カープは敗戦。何とも手痛い一戦となった。3位巨人も敗れたが、見るべき相手は後ろではなく、前だ。阪神をしっかり追わなければいけない。まだ5月中旬だが、嫌なムードが漂い始める前に強いカープを取り戻して欲しい。最近は巨人戦以外は勝ったり負けたり。安定した試合運びが続かない。どのチームも相手が巨人と思って戦うしかないのが現状。現在2位だが思ったより重傷の可能性もある。今村は凶のリリーフ失敗で評価が下がる事はない。明日から巻き返して欲しい。

 

スポンサーリンク

我が街”広島”の魅力を余すこと無くお届けします。
「おしい広島メルマガじゃけん!」

広島のビジネスから遊び、グルメに至るまでメルマガで配信しています。



コメントを残す