広島カープ圧勝!またしても巨人をフルボッコ!!鈴木誠也は本物の4番打者だ!今日も逆転ツーラン!!

スポンサーリンク

(5月14日・マツダスタジアムで・〇広島8対1巨人●)

今日も巨人をフルボッコ。1点を先制されるもお構いなし。これで対巨人戦は7勝1敗と大きく勝ち越し。今年は巨人はお得意様になってくれそうだ。巨人が焦り始めれば自滅をする可能性が高い。後は、阪神だけが相手になる。

 

今日も4番鈴木誠也が4番の仕事、逆転ツーランで流れを完全にカープに引き寄せた。もう完全にカープの4番だ。若き4番鈴木誠也が今年は完全覚醒するのは間違いない。タイトルの1つは獲る可能性が大きい。後は、スランプの期間を如何に短くするかだけ。緒方監督もご満悦の表情。鈴木誠也の活躍にご満悦だ。

 

カープファンの期待も日に日に大きくなっていく。若き4番鈴木誠也は、強肩強打に俊足と新しいタイプの4番打者。相手投手もまともに勝負はしたくないバッターに成長した。もう大谷世代とは言わせない。鈴木世代だ。鈴木世代に、大谷や藤浪がいる。誰も文句がないだろう。今年の活躍は昨年あと1本ホームランを放っていれば大台の30号に乗っていたが、1本及ばず29本。最後の最後まで巨人坂本と首位打者争いを演じ、僅かに及ばなかった悔しさがあったからこそ、今年は鈴木誠也としてのリベンジのシーズンでもある。チームは昨年優勝し、鈴木誠也も大きく貢献したが、高みを目指す鈴木誠也にしてみたら、自分の成績の納得がいかないのだ。この悔しさがあるからこそ、自主トレキャンプ。そしてワールドベースボールクラシックをえてペナントに突入した。そして鈴木誠也は本物4番になった。

 

今日のイニング別得点詳細は敢えて書かないが、巨人投手陣を今日も粉砕した。今の巨人で怖いと感じる投手は菅野智之だけ。その菅野が投げないこの3連戦は初戦は中止で、カープナインには恵みの雨。そして、昨日、今日とカープ打線は爆発した。完全にアドバンテージを握った試合展開だったのでカープファンはビールがいつも以上に美味しかったのではないだろうか?筆者はアルコール類は一切飲めないのでウーロン茶だが、いつもより美味しい。もう、中盤以降は高みの見物で左団扇状態だった。

 

巨人に勝つと他の球団に勝つより2倍嬉しい。しかも今日も昨日も巨人をフルボッコにした。中継ぎ投手陣はカープ打線には一切通用しない。これはカープに取っては非常に大きい。今日は広島の飲食店はカープファンで賑わう事だろう。

スポンサーリンク

我が街”広島”の魅力を余すこと無くお届けします。
「おしい広島メルマガじゃけん!」

広島のビジネスから遊び、グルメに至るまでメルマガで配信しています。



コメントを残す