【土師ダム】2017年4月22日 -ダムカードとダムガールを求めてVol.7-

スポンサーリンク

今回、7回目のダム記事ですが、市内からおよそ30km程度離れている土師ダムに行ってきました。ダムに行ったのが4月22日なので、記憶をたどりながら、記事を書いていきます。

 

天気は快晴でしたので、絶好ダム日和。気温も20度前後と気持ちいいドライブができました。早速、管理事務所にカードをもらいに行きました。事務所の入り口には、「土師ダムに来た人にはダムカードがもらえるよ!!」と親切に張り紙がしてありました(笑)

事務所2階に行き、ダムカードを貰ってきました。これで8枚目ですが、残り全て遠方なのでここからがダムカード(広島県全域)集めの本番といったところでしょうか。梅雨までにはなんとかコンプリートしたいところです。※前後逆に映ってるのはご愛嬌ということでお許しください。

 

ダム周辺の写真

天気も良く今まで行ったダムの中では土師ダムが一番見ごたえのあるダムでした。湖は「八千代湖」と呼ばれサイクリングの名所としても名高いです。「ダム湖百選」にも選定されおり、桜の名所としても知られております。残念ながら、もう少し早くいけば、桜満開で素晴らしい景色の写真がとれたでしょう。

時期により四季折々の風景が楽しめます。サイクリングロードもあり、自転車のレンタルも周辺にはあります。車で出かけて、ハイキングやサイクリングなど楽しんだ後にレストランで食事も可能なので、時間があるときに行くのがよさそうですね。

 

土師(はじ)ダム データと周辺地図

師ダム(はじダム)は広島県安芸高田市八千代町大字下土師地先、一級河川・江の川本川上流部(かつては可愛川と呼ばれていた)に建設されたダムである。
国土交通省中国地方整備局が管理する国土交通省直轄ダムで、江の川本流に建設された唯一の特定多目的ダムである。堤高50.0mの重力式コンクリートダムで、江の川の治水と、広島市や芸予諸島など広島県中央部への利水を目的としており、分水嶺を通じて太田川水系に導水をしている。広島市の重要な水がめの一つ。ダムによって形成された人造湖は当時の所在自治体であった八千代町に因み八千代湖(やちよこ)と命名され、財団法人ダム水源地環境整備センターが選定する「ダム湖百選」に、当時の八千代町の推薦で2005年(平成17年)に選ばれている。

スポンサーリンク

我が街”広島”の魅力を余すこと無くお届けします。
「おしい広島メルマガじゃけん!」

広島のビジネスから遊び、グルメに至るまでメルマガで配信しています。



コメントを残す