【広島カープ】シーソーゲーム制し連敗を4でストップ!「鈴木誠也」が4番でホームラン2発!!

スポンサーリンク

(明治神宮球場・5月10日・●ヤクルト7対8広島〇)

序盤3回を終わって5対2。いつものカープなら勝ちゲーム濃厚と言える展開だが、どうも先発大瀬良がピリッとしない。5回に制球を乱し、1点を返され、なおピンチの場面で甘く入った、カットボールをバックスクリーンに叩き込まれ、遂に逆転を許す。最近のカープの試合展開を考えると、場内に嫌なムードが漂う。今日もカープは勝てないのか・・・。今まではそんな感覚に陥る事がなかったカープファンも流石に4連敗中とあって不安がよぎる。

 

そんな嫌な流れを変えたのは、4番鈴木誠也だった。7回1点ビハインド。1発逆転の場面で、見事に4番の仕事逆転ツーランホームランをカープファンの待つレフトスタンドに放り込んだ。4番の一撃にカープファンは酔いしれた。若き4番鈴木誠也。この日2本目のアーチは今までの嫌な雰囲気を払拭するのには十分だった。4番の一撃で勢いがついた。

 

9回には丸がバックスクリーンに叩き込み2点差に点差を広げた。後は、その裏今村が締めてくれれば問題ない。しかし、なかなか最終回も3人では終わらない。フォアボールなどが絡み2死満塁。ワンヒット同点のピンチ。中村のショートゴロでゲームセットと思った瞬間、田中が1塁に悪送球し、1点差。今度は1打逆転の大ピンチ。固唾を飲むカープファン。大引の打球は再びショートゴロ。今度は田中が落ち着いて送球しゲームセット。

 

連敗を止めるのが如何に難しい事なのかを体感したゲームだった。首位阪神が敗れ、カープとは再び1ゲーム差。勝つには勝ったが課題の多いゲームでもあった。チャンスであともうひと押しあれば、展開はかなり楽になったはず。また先発した大瀬良がどうも本調子ではない。1度ファームに落として調整させたいところだが、カープ先発陣に現在その余裕がない。ストレートの質が今年は悪いように感じる。

 

ピッチングとは紙一重のものだが、大瀬良を見ていると、打たれるべくして打たれている印象は否めない。少し制球も悪い。本来制球は非常に良い投手だけに自分自身の中で何か葛藤しているものもあるのだろう。そこを打開した時に本来の大瀬良大地が戻ってくる。次回登板に期待したい。打線は8点取っているので問題はないが、もう少し相手にプレッシャーのかける攻撃をカープなら出来るはずだ。明日ヤクルト3連戦を終えたら、地元マツダスタジアムで宿敵巨人3連戦。ここまで5勝1敗とカープが大きく勝ち越している。一気に巨人を叩きたい。

スポンサーリンク

我が街”広島”の魅力を余すこと無くお届けします。
「おしい広島メルマガじゃけん!」

広島のビジネスから遊び、グルメに至るまでメルマガで配信しています。



コメントを残す