カープ緊急事態!!3日連続スタメンから菊池涼介の名前が消えて、阪神に3連敗・・・。

スポンサーリンク

(5月7日・阪神甲子園球場・〇阪神6対0広島●)

まさに緊急事態だ。スタメンから菊池涼介の名前が消えてから、阪神3連戦をまさかの3連敗。2戦目に関しては9対0からの歴史的逆転負けを喫してしまった。これは非常に痛い敗戦だった。9対0。普通なら戦意を喪失してもおかしくない。ここで内野で目に見えないミスが出て投手の足を引っ張る。結果、逆転負けを喫してしまった。反撃の糸口が見えないまま深刻な敗戦となった。

 

気持ちを切り替えて臨んだ今日のゲームもスタメンに菊池涼介の名前はなかった。登録抹消はされていないが、怪我の程度が非常に気になるところ。カープは阪神先発能見を初回攻めたて1死満塁の先制の大チャンスも新井・ペーニャが連続三振でチャンスを潰してしまう。先発の九里は序盤は良かったが、序盤を過ぎた辺りの4回に2失点。6回に3失点を喫し、今日も重苦しいムードが漂う。

 

結局最終スコアは0対6。鳥谷に6点中、5点を叩き出されてしまった。セカンドの守備は日本一と誰もが認める菊池涼介。その存在の大きさを改めて痛感する試合となった。打っても小技は上手い上に、ツボに嵌れば一発もある。そして、俊足で塁に出れば相手バッテリーを揺さぶる。チームの核なのだ。その菊池涼介が試合に出場出来ないのはカープに取っては非常に痛い。怪我をしているので余り無理はして欲しくないが、事態はかなり深刻だ。

 

元来、菊池涼介はあまり痛い、痒いは言わない選手。それを緒方監督がスタメンから外すのだから、ギリギリのラインなのかも知れない。菊池涼介でなければ直ぐに登録抹消になっている可能性も高い。菊池涼介だから登録抹消をしないで様子をみている印象が非常に強い。今日の試合もカープも阪神も7安打ずつ。カープ0点。阪神6点。如何にチャンスに効率良く得点をした阪神とは対照的に、カープはあと1打が出なかった。

 

今日の試合は初回の1死満塁のチャンスで完全に新井が気負ってしまい三振と言う最悪な結果に終わった。ペーニャに期待がかかったが能見の投球が勝った。スタメンに菊池涼介の名前が帰ってくるまではしばらく苦戦を覚悟しなければいけないだろう。投手陣も失点が増えてきた。この阪神3連戦の結果がカープの実力ではないのはファンの皆さんが1番良く分かっている事だと思う。次に阪神とやる時は、コテンパンに阪神に3タテ返しを倍返しですればいい。それにしても菊池涼介の状態が気になる。

スポンサーリンク

我が街”広島”の魅力を余すこと無くお届けします。
「おしい広島メルマガじゃけん!」

広島のビジネスから遊び、グルメに至るまでメルマガで配信しています。



コメントを残す