【広島カープ】疑惑の判定以降よもやの3連敗!今日は勝つぞカープ!!

スポンサーリンク

(4月21日・明治神宮球場・●広島1対3ヤクルト〇)

カープの調子がどうもおかしい。疑惑のジャッジ2連発から3連敗。嫌な流れが漂う。今日は連敗をしっかり止めたい。まだ4月始まったばかり。10連勝した貯金はまだまだ十分ある。ここで焦る必要はない。神宮球場のレフトスタンドは真っ赤に染まった。関東のカープファンもかなり熱い。中には北関東から駆け付ける熱いファンもいる。帰る時間が気になるが、カープの為なら最悪、カプセルホテルでも構わない、根っからのカープファンはいる。

 

そんなカープファンに後押しされてゲームはスタート。ここはカープの本拠地なのではないかと思う程、レフトスタンドからのボリュームは大きい。しかし、この日はヤクルト投手陣の継投策の前に鈴木誠也のソロアーチのみに抑え込まれた。先発加藤も6回3失点。試合は作っている。

 

しかし、味方の援護に恵まれなかった。初登板が圧巻の投球だっただけに、ここ2戦は少し初戦のイメージとは違うが、初登板のピッチングがパーフェクト過ぎた。

 

何せ9回1死までノーヒットに抑えたのだから、カープファンなら期待してしまう。ましてやドラ1右腕。新人王の期待もかかる。先発した3試合は全てクォリティースタート。投手は責められない。しっかりと、中継ぎ投手陣もヤクルトの反撃は無失点に抑えている。今日は打線の奮起が欲しかった試合。投手が抑え、打者が打つ。これ以上理想的な試合運びはない。

 

少し出来すぎた話ではあるが、10連勝中のカープはそうだった。特に巨人3連戦は全て逆転勝ちで宿敵巨人を3タテ。本当に広島ファンに取っては堪らない3連戦だった。その後の星勘定が良くない。まだ4月。カープは若いチーム。疲れている選手はいないだろう。この時期に疲れを感じる選手は、走り込みが足りない。キャンプで手を抜いた選手。しかし、そんな選手はカープにはいない。

 

先ずは、どんな形であれ連敗を今日の試合で止める事が求められる。広島から移動日なしで東京へ。そしてナイターからデーゲームへ移動疲れはあるだろうが、プロ野球の選手である以上、その様な隙は絶対に見せてはいけない。見せた時点で負け。そこにつけこまれる。連敗は3で止めておかなければいけない。今日の試合で止める事が出来ないと流石のカープもまだ焦る時期ではないのは分かりつつも戦略面を大きく変える可能性がある。これはこの時期やらない方が良い。今日はカープ打線の奮起を期待したい。

スポンサーリンク

我が街”広島”の魅力を余すこと無くお届けします。
「おしい広島メルマガじゃけん!」

広島のビジネスから遊び、グルメに至るまでメルマガで配信しています。



コメントを残す