【弥栄ダム・小瀬川ダム】2017年4月17日 -ダムカードとダムガールを求めてVol.5-

スポンサーリンク

ダムカードとダムガールを求めて5つ目の場所は2か所同時に攻略!4月17日、雨の中での訪問です。未だにダムガールには出会えていません(笑

まず向かったのが大竹市にある弥栄ダム。比較的大きなダムで周りにはキャンプ場などの施設もあり訪れたことのある方も多いのではないでしょうか?

さっそくダムカードをもらいに、画像左手にあるインターフォンから事務所の職員さんに「ダムカードください」と連絡。2F事務所で頂きました。

管理事務所から見るダムは、天気が良ければ気持ちい景色が広がるのだろうと思われましたが、完全に訪問するタイミングを間違えちゃいました(汗

1Fは展示資料室になっていました。

ダムについての概要紹介ですが、大きな水槽があって地域の川魚なども鑑賞できました。置いてある資料には塗り絵ができるものがあったりと家族で訪問した際に寄り道したいスポットです。※階段が急ですのでお気を付けください。

ダム周辺の案内や野鳥の紹介などもあります。

展示資料室を出て、ダムのほうへ。

ダム湖百選の紹介もあります。

堰から北方面

こちらは西方面

堰から階段でどこまで降りていけるのでしょうか。今日は雨で滑るので、降りるのは止めておきましょう(笑

堰の真ん中からの画像です。北方面

こちらも真ん中から西方面

 

ここらで雨がかなり強くなり、小瀬川ダムに向かいます。

弥栄ダムと比較すると小規模なダムですが、弥栄ダムも小瀬川ダムも、広島山口県境の小瀬川を利用して作られたダムとなります。

雨がいよいよ豪雨になりました。広島という地域柄、豪雨には敏感です。危険と判断し堰の両サイドから写真を撮って速やかに撤収しました。

管理事務所側

反対側

訪問して思ったのは、天気のいい時にすればよかった。

 

弥栄ダム

弥栄ダム(やさかダム)は広島県大竹市小方町小方と、山口県岩国市小瀬に跨る、一級河川・小瀬川水系小瀬川本川に建設されたダムである。旧名は八丁ダム(はっちょうダム)。
国土交通省中国地方整備局が管理する国土交通省直轄ダムである。堤高120.0mの重力式コンクリートダムで、総貯水容量を含め中国地方最大の重力式コンクリートダムである。小瀬川の治水、及び大竹市や岩国市とその周辺地域への利水を目的とした特定多目的ダムである。ダムによって形成された人造湖は弥栄湖(やさかこ)と呼ばれ、2005年(平成17年)に大竹市・岩国市の推薦によって財団法人ダム水源地環境整備センターが選定する「ダム湖百選」に選ばれている。

地図:

 

小瀬川ダム

小瀬川ダムは,小瀬川水系小瀬川の広島県廿日市市浅原字前中山(左岸)・山口県岩国市美和町釜ヶ原字土打(右岸)に,多目的ダムとして建設したもので,小瀬川総合開発の一環をなすものです。
当ダムは,当初洪水調節工業用水の供給を目的とするものでしたが,平成元年に山口県企業局によって,山口・広島両県の工業用水及び既得用水の供給として放流されている水を利用した,クリーンエネルギーである小規模な水力発電所が新規開発され,小瀬川発電所としての機能が加わっています。

地図:

 

スポンサーリンク

我が街”広島”の魅力を余すこと無くお届けします。
「おしい広島メルマガじゃけん!」

広島のビジネスから遊び、グルメに至るまでメルマガで配信しています。



1 個のコメント

  • 若いころ駆け回った現場です。24時間体制でコンクリートを打ち続ける巨大現場でした。
    先日、初めて完成した姿に会うことができました。
    感慨無量でした。

  • コメントを残す