広島カープ今シーズン初の連敗…3点差追いつくも最後は今村猛が力尽く…

スポンサーリンク

(4月20日・マツダスタジアム・●広島3対5横浜〇)

前日の嫌なムードが漂う中行われた、横浜との3戦目。先発大瀬良はいつもより球威がイマイチ。それでも7回3失点と先発の仕事は十分果たした。ラッキーセブンの7回裏には、集中打に隙のない走塁で同点に追いつく。

8回はジャクソン。9回は今村で、横浜の反撃を封じ込める。誤算だったの回跨ぎの10回今村の制球力が突如乱れ1死満塁の大ピンチ。甘く入ったフォークを梶谷にセンター前に弾き返される。ワンポイントで筒香相手に飯田が登板。犠牲フライを打たれ2点差。横浜はその裏、初戦で広島打線に捕まったパットンが登板。今日は仕事をさせてしまった。カープは今季初の連敗。明日は気持ちを切り替え勝つ事だ。

 

この試合で、何気なく思えるプレーだが、魔術師菊池にしか日本球界では出来ないであろうプレーが出た。2回表、無死1塁・3塁。倉本の打球はショート田中の正面。6-4-3でゲッツーが余裕で取れる当たりだったが、菊池が選択したのは6-4-2。つまり、セカンドをホースアウトにしたらすぐさまホームへ送球。送球が少し1塁ベース側に流れたので3塁ランナー筒香をアウトには出来なかったが送球が正面ならかなり際どいタイミングだった。

 

完全に筒香は最後は流して走っていた。その隙を菊池は一瞬の判断で見逃さなかった。巨人の阿部がランナーだったら、6-4-2の非常に珍しい併殺が完成していた可能性が高い。セカンドに菊池がいるだけで、カープの防御率をかなり下げている。今日も決まれば面白かったが、今後も積極的にこのプレーは出そうだ。

 

誰にでも出来るプレーではない。菊池涼介だからこそ出来るプレー。決まれば、相手チームの戦意を喪失させることが出来る素晴らしい守備力。セカンドに飛んだら相手チームは観念する。それだけカープのセカンドは堅守であり、頭脳派。イチロー選手が守備範囲が広くエリア51と言われたように菊池選手にもエリア33の称号を与えたい。今日のプレーは一見ギャンブルプレーに見えるが、計算されたプレー。

 

33打席ノーヒットでも菊池涼介と言うプレイヤーはスタメンから外す事が出来ない。33打席ノーヒットに陥る事は先ず心配のない選手。それだけ、カープのセカンドは絶対的。菊池涼介がエラーしたら、他の選手は取る事の出来ない打球。さり気ないプレーだが、菊池涼介らしさを感じさせてくれるプレーだった。

スポンサーリンク

我が街”広島”の魅力を余すこと無くお届けします。
「おしい広島メルマガじゃけん!」

広島のビジネスから遊び、グルメに至るまでメルマガで配信しています。



コメントを残す