カープ執念のサヨナラ勝ち!「會澤翼」決めた!!横浜守護神パットンを粉砕!!

スポンサーリンク

(4月18日・マツダスタジアム 〇広島4×対3横浜●)

歓喜に揺れるマツダスタジアム。試合序盤は横浜ペース。一昨日の阪神戦ではあと、1本が出ず敗れたカープ。嫌な流れが漂う。横浜先発はルーキー濱口。昨年のドラ1投手。カープは最多勝投手野村が先発。野村がピリッとしない。5回にやや一人相撲の投球などもあり横浜に3点を献上。最多勝投手対ルーキーの対戦は、ルーキーに軍配。しかし、カープ打線も5回・6回に1点ずつを返し、1点差で終盤を迎える。

 

横浜は勝ちパターンの山崎→三上の継投で広島の反撃を交わす。広島投手陣も安定した投球内容でピンチの芽を摘み取る。そして8回には名手菊池にしか出来ない超ファインプレーが生まれ横浜に行きそうな主導権をカープに手繰りよせる。最終的にはこのファンインプレイが非常に大きかった。

 

カープは9回は4番からの好打順。まず、新井がいとも簡単にヒット。今日ここまでチャンスでブレーキだった鈴木誠也も続く。そしてエルドレットの打球は左中間に大きな打球。逆転サヨナラホームランか?しかし、ホームランには少し距離が足りず、ダイレクトフェンス。ここで、鈴木誠也がセカンド止まりのボーンヘッド。恐らく、スタンドまで届いたと思ったのだろう。ここで嫌な雰囲気が流れる。

 

ここで業師小窪がきっちり送って、途中から出場している會澤が打席に。少し、強引なスイングでツーストライクと追い込まれるも最後はシャープな打撃でセンター前にサヨナラタイムリーヒット。カープベンチから選手がすべて飛び出し藍沢を手洗い祝福で迎える。

 

會澤は非常に勝負強いバッター2球のストレート空振りは三味線の可能性が高い。わざと振り遅れ横浜バッテリーがストレートにあってないと見せかけて、ストレートを投げさせ見事に最後は仕留めた。完全に會澤の勝ち。流石は捕手だけあって相手バッテリーの動揺は見逃さなかった。横浜は勝ちパターンで落としたのはかなり痛い。カープは連敗をしない。明日もこれでカープ優位に試合が出来る。

 

マツダスタジアムのライト1塁側スタンドは真っ赤で染まった。そして、最後まで座席を立つ人はいなかった。カープファンはサヨナラ勝ちを信じて疑わなかった。球場全体がカープの選手に力を与えた。そして最後は勝負強い藍沢が三味線作戦で見事、甘いストレートを弾き返した。今日のゲームも十分期待できる。

スポンサーリンク

我が街”広島”の魅力を余すこと無くお届けします。
「おしい広島メルマガじゃけん!」

広島のビジネスから遊び、グルメに至るまでメルマガで配信しています。



コメントを残す