【カープ4月15日】序盤の速攻。阪神の守乱を見逃さず。投げては2年目岡田明丈が4安打1失点の完投勝利!!連敗はしないカープの底力!!

スポンサーリンク

4月15日・阪神甲子園球場〇広島7対1阪神●

前日に連勝を10で止められた阪神との第二ラウンド。連敗だけは避けたいカープ。一気にカープを叩きたい阪神。1回表で勝負があった。阪神は失策を連発。この絶好機に、現在のカープが見逃すわけがない。先頭田中がヒットで出塁すると、菊池がバント。ここで阪神に一つ目の失策。労せず、ノーアウト1塁・2塁。丸はフォアボールを悠然と選び、無死満塁。鈴木誠也詰まった内野ゴロ。ここで阪神が再び失策を犯す。カープは相手の失策でいとも簡単に1点を先制。その後エルドレッドが押し出し死球。スタメン起用の天谷が2点タイムリーで4点を先取。

 

今日の、岡田明丈投手にはこの4点で十分過ぎた。初回からテンポ良く、切れのあるストレートで押すピッチング。阪神打線は完全に押し込まれた。3回にも失策絡みで2点を追加。完全に勝負アリ。6点もの大量援護に恵まれた、岡田明丈投手。ここまで、味方打線が相手の隙をついた攻撃で得点を重ねると、気分良くスイスイ投げる事が出来る。今年は2桁勝利を挙げてもらいたい投手。ストレートは最速150キロを計時。スピードガン以上に阪神打線は速く感じたはず。手元で伸びるストレートに阪神打線は沈黙。阪神は5回ルーキー糸原の、タイムリーツーベースで1点を返すのが精一杯。

 

阪神打線をきりきり舞いにさせた、気迫のピッチング。9回を完投し、打たれたヒットは僅か4本。前回、完投した時は5回コールド。今回は正真正銘の9回完投。誰もケチのつける事が出来ない完ぺきなピッチング。広島投手陣の層の厚さを改めて証明した。完投の次は今度は完封だ。阪神ファンが圧倒的に多い敵地甲子園で、阪神ファンはため息の連続。試合後も盛り上がるレフトスタンドとは対照的にライトスタンドの阪神ファンはゲームセットと同時に家路についた。

 

打線は相手のミスを見逃さず確実に得点を重ね、投げては岡田明丈投手が阪神打線に隙のない投球でリズム良く、守備の時間は短い、理想的なピッチング。今日は岡田劇場と言ってもいいだろう。圧巻の投球内容だった。1失点は勿体ないが、完封は次回登板以降のお楽しみにしておきたい。今日のような投球が出来れば、完封勝利は時間の問題。9回113球と球数的にも完投勝利には丁度良い投球数。2年目の右腕が、今年は躍動する。

4月15日(土)14:00甲子園

123456789
広島 402100000 7
阪神 000010000 1
勝利投手:広島 岡田(2勝0敗0S)
敗戦投手:阪神 青柳(0勝1敗0S)
セーブ:
本塁打:
広島
阪神

スポンサーリンク

我が街”広島”の魅力を余すこと無くお届けします。
「おしい広島メルマガじゃけん!」

広島のビジネスから遊び、グルメに至るまでメルマガで配信しています。



コメントを残す