加藤拓也QS達成も初黒星で連勝10でストップ!今日からまた連勝街道を突き進め!!

スポンサーリンク

(4月14日・阪神甲子園球場広島●2対4阪神〇)

序盤にドラ1右腕加藤拓也投手が阪神に3点を献上したものの、今のカープの勢いなら3点くらいは直ぐに跳ね返せる。カープファンの誰もが思っていたに違いない。前日の巨人戦の鮮やかな最終回の集中打で一挙7点を挙げ、逆転でまたしても勝ったカープならやってくれる。今のカープにはそれだけの勢いがあるのは間違いない。何せ、負けたのは開幕戦だけなのだから、カープファンの期待値も当然高い。

 

前回、あともう少しでノーヒットノーランと言うピッチングを見せた、ドラ1右腕加藤拓也投手。この日もストレートに切れはあった。フォークの切れも良くピンチを切り抜けたが、前回が余りにも上出来過ぎた。この日は6回3失点。クォリティースタートの6回3失点以内と十分試合は作った。最速は151キロ。しかし、阪神打線も甘い球は見逃さなかった。

 

加藤拓也投手には是非とも新人王を獲得してもらいたい。この日は負け投手にこそなったもののジョンソンの代役レベルの投手ではないのは火を見るよりも明らか。非常にポテンシャルの高い投手。

 

相手もエースが投げて来る、表ローテの1戦目。なかなか、相手も厳しいが、将来広島のエースを背負う逸材とみている筆者にしてみれば、ここは乗り越えなければいけない壁。この壁を乗り越えた先には二桁勝利。そして新人王が見えてくる。見えるだけでは駄目でしっかりクリアしていかなければいけない。それが出来るだけの投手。若い時は故障をしたら意味がないが、がむしゃらに相手に向かって行く闘志も必要。

 

カープは開幕戦以来の黒星。4月に入って初黒星を喫したが、今日からまた連勝できるように気持ちを切らずにやっていけば良い。気持ちを切らす選手などはいないはず。この日の試合でもカープは終盤重盗を決めるなど、機動力野球も健在。

 

後は、そのランナーを如何に効率良く返す事が出来るか?連勝も、連敗も、必ず止まる時が来る。カープの連勝は10で止まった。肝心なのは連敗しない事。当然長いシーズン連敗する事もあるだろうが、大型連勝はしても、その逆はしなければいい。今日からまた、打線もしっかり機能してきっと大型連勝をしてくれる事だろう。そんなに甘くないのは分かっている。カープファンが強いカープの姿を思うのは当然の事。25年も優勝を待った。黄金期がカープにきても良い。それだけの選手層の厚さを誇っている。

スポンサーリンク

我が街”広島”の魅力を余すこと無くお届けします。
「おしい広島メルマガじゃけん!」

広島のビジネスから遊び、グルメに至るまでメルマガで配信しています。



コメントを残す