新井貴浩、エルドレット2打席連続ホームランで「床田寛樹」初勝利を援護!!カープ破竹の9連勝!!

スポンサーリンク

(4月12日・東京ドーム・〇広島9対5●巨人)

この勢いはどこまで続くのか?カープは破竹の9連勝。今日勝てば10連勝。カープの勢いが止まらない。先制こそ巨人阿部のツーランで許したものの、2回に新井がレフトスタンドに2号ソロを放ち反撃の狼煙をあげると、エルドレットも豪快に3号ソロをレフトステンド叩き込みすぐさま同点。3回新井が今度は巨人ファンで埋め尽くされたライトスタンドに3号スリーランを放りこみお祭り騒ぎのレフトスタンドとは対照的に、ライトスタンドは沈黙。

 

投げてはルーキー床田が巨人打線に2本のアーチを打たれるも、粘りのピッチングで、7回・5失点。自責点5。5失点はいずれもホームランによるものだが、その後の打者に対してのピッチングが光った。球数も少なく、フォアボールで崩れるタイプの投手ではない事をマウンド上でしっかり示した。ストレートの伸びにウィニングショットのフォークボールを有効的に使った。内角をドンドン攻める投球で4者連続三振を奪うシーンもあり、十分ジョンソンの変わりを務める事が出来る投手がローテーションに加わる事は大きい。広島投手陣の層の厚さを見せつけた格好にもなった。

 

広島投手陣の唯一のウィークポイントは、救援陣に左投手がいない事。ピンチの時に、巨人戦だと、左の強打者阿部が相手だとかなり厄介。しかし、右の中田廉や薮田で十分打ち取れる。ここも大きな強み。ウィークポイントを右腕でカバー出来る投手陣もカープの戦力の大きな武器。そして守護神中崎不在も痛いが、今村・ジャクソンでこちらもカバー。カープ救援陣はタレント揃いだ。

 

本日のMVPは非常に迷うところ、ここは打のヒーローと投げたヒーローを1人ずつ選出したい。

打者MVP・新井貴浩選手

理由。先制を許した直後に直ぐに反撃の狼煙を上げるアーチをカープファンが待つレフトスタンドに叩きこんだ。そして、同点で迎えた3回、巨人ファンを沈黙させる逆転スリーランをライトスタンドに叩き込んだ。4番の仕事を十分全うした。これぞ4番の働き。休養十分のベテランが試合を決めた。

投手MVP・床田寛樹投手

7回5失点と失点は少し多かったが、いずれもホームランでの失点。しかし、内角をドンドン攻めるピッチングで巨人打線をある程度抑える事は出来た。内角へのコントロールは抜群で、左腕だが、右バッターにも十分通用するクロスファイヤーは威力十分。4者連続三振を奪うシーンもあった。今後はローテーションの一角に加わる。

 

4/12(水)広島対巨人ハイライト

 

スポンサーリンク

我が街”広島”の魅力を余すこと無くお届けします。
「おしい広島メルマガじゃけん!」

広島のビジネスから遊び、グルメに至るまでメルマガで配信しています。



コメントを残す