エックスサーバーの契約とドメイン設定方法について

スポンサーリンク

 

「独自ドメインを【お名前.com】で取得する方法について」にて独自ドメインを取得方法を案内しましたが、

これだけでは、WEBサイトの作成はできません。

家のイメージで説明しますと、住所の登録自体は行った状態ですが、その住所の土地に住む権利は未だない状態です。よって、ここからは、土地を買う手続き(=レンタルサーバの契約)を行います。

 

 

おススメのレンタルサーバ【エックスサーバー】

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

おすすめのレンタルサーバーです。


高いコストパフォーマンス (税抜1,000円/月~)

大容量200GB(200,000MB)、アクセス解析やWEBメールサービスなどの高機能サービスを月額1,000円~(税抜)でご利用いただくことが出来ます。
また抜群の安定性とストレスを感じさせない快適な速度も特長の一つです。

快適ハイスペック環境

高いパフォーマンスを誇る最新の16コアCPU、大容量96GBメモリを搭載したHP/DELL 製のサーバーを採用、自社にて直接保有・運用管理を行っています。さらに、1台のサーバーに収容されるユーザ数を一定数に制限することで、CPU負荷を低く保ち、安定したサイト運営を可能にしています。

国内管理、大容量バックボーン(高速232Gbps)

サーバーマシンは、電源/空調/防火システム完備の国内大手データセンターに収容し、合計約232Gbpsの高速バックボーンという快適な環境を提供しております。また、利用率50%を目安に、随時帯域を増大。常に十分なネットワーク帯域を確保し、安心・快適なご利用が可能です。

高速化への取り組み

PHP/CGIによるCPU負荷を軽減し、プログラムの高速実行が可能となる「FastCGI」に対応するなど、高速化機能の充実化を随時行っています。
今後もより一層の高速化を目指し、新しい技術を取り入れて行きます。

マルチドメイン・メールアドレス無制限

すべてのサーバープランで、お客様がお持ちの独自ドメイン、またそのドメインに対するサブドメインをサーバーアカウント内にいくつでも追加設定可能です。
また、メールアドレス、FTPアカウントについても無制限で追加することが出来ます。

簡単操作のサーバーパネル

独自ドメイン、サブドメインの追加やメールアドレスの発行、MySQLの設定、FTPアカウントの追加等が全てサーバーパネルより簡単に行えます。
複数ドメインの管理も行いやすい環境を整えております。

サーバー稼働率99.99%以上の高い安定性

サーバーマシンは全て、防火・地震対策システム、停電対策、24時間管理体制を完備した国内大手データセンターで管理しており、サーバーダウンを未然に防ぐのはもちろん、問題が生じた場合にも即時対応が可能です。
99.99%以上の高いサーバー稼働率で、ビジネスにも利用できる安定した環境を整えています。

自動バックアップ(サーバー領域過去7日分・MySQLデータベース過去14日分)

同一サーバー内のハードディスクにデータをコピー(ミラーリング)しておくことで、故障などによるデータの消失に備えています。また、サーバー上のデータを毎日自動でバックアップサーバーにコピーし、サーバー領域のWeb・メールデータ「過去7日分」、MySQLデータベース「過去14日分」のデータを保持しておく「自動バックアップ」機能に、全プランとも標準対応しています。(詳細

24時間365日サポート対応

初心者の方でも安心の24時間365日メールサポート受付!メールでのお問い合わせには、必ず48時間以内に対応いたします。
また、電話サポート(土日祝除く)も行っており、万全のサポート体制を整えています。

セキュリティサービス充実

高性能なウィルスチェックや、スパムフィルターを搭載し、快適なメール利用が可能!
無料の共有SSLの他、セキュリティアップさせた独自SSLオプションサービスもご用意しております。

引用エックスサーバー

レンタルサーバーの契約と独自ドメイン設定

ここでは、例として「XSERVER(エックスサーバー)」でのレンタルサーバーの契約方法について記載します。

その次に、契約したレンタルサーバーと独自ドメインの紐付け方法について記載します。

1.「XSERVER」のページにアクセス

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

バナーをクリックするとアクセスできます。



 

2.新規サーバーの申し込み

XSERVERのTOPページにある「お申込み」をクリックし、下図のようにクリックして進めていき、
「新規サーバーのお申し込み」をクリックします。

fig6

 

 

3.サーバー名の決定

ご自身が登録したいサーバー名を入力した後、「検索」をクリックします。
その入力したサーバー名が既に登録されているサーバー名でなければ、「お申し込み」をクリックできます。

fig7

 

 

4.お申込みフォームの入力

フォームの各項目に登録者自身の情報を入力します。

入力が完了後、フォームの最後にある「お申込み内容の確認」をクリックし、次に進みます。

<補足>プラン:X10、X11、X12について
このプランのX10~X12は、サーバーのスペックを表しています。
個人でのWEBサイトではプラン「X10」で良いと思います。

 

fig8-450x280

 

 

5.申し込み完了の確認

申し込み内容の確認が終わると、申し込み受付完了の画面に遷移します。
これと同時に申し込みフォームで入力したメールアドレス宛にサーバーアカウント設定完了
のメールが届きますので、確認します。

<申し込み受付完了の画面>

fig9

 

 

 

 

<受信メール>(件名:【Xserver】■重要■サーバーアカウント設定完了のお知らせ )
下図のメール文面のように、XSERVERの会員IDが送付されます。
また、この図には載せていませんが、本メールに、「ユーザアカウント情報」、「サーバアカウント情報」
も合わせて送付されていますので、ご確認ください。

 

fig10

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6.レンタルサーバー料金の支払方法の設定

XサーバーTOPページを開き、「ログイン」をクリックします。クリック後、ID、パスワードが求められますので、
先ほど受信したメールに記載されているID、パスワードを入力してログインします。
ログイン後、下図3番目の「InfoPanel」のページに遷移し、「料金のお支払い」で支払方法の設定
を行ってください。
これで、レンタルサーバーの契約、及び支払方法の設定までは完了し、最後に、はじめに取得した独自
ドメインとこのレンタルサーバーの紐付けを行えば、ほぼWEBサイト構築に向けての準備は終わりです。

 

fig11

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7.エックスサーバーと独自ドメインの紐付け

7.1 XSERVERのページからサーバーパネルにログインします。

fig12

 

 

 

 

 

 

7.2 サーバーパネルにログイン後、「ドメイン設定」をクリックします。

fig13

 

 

 

 

 

 

 

 

7.3 「ドメインの追加設定」タブをクリックし、自身で登録した独自ドメインを入力し、
入力後「ドメインの追加」をクリックします。

fig14

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7.4 次に、サーバーパネルトップページに移動し、「サーバー情報」をクリックしてください。

fig15

 

 

 

 

 

 

 

 

7.5 サーバー情報の中に「ネームサーバー1~5」が書かれていますのでこれらをコピーします。

fig16

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きは、次回「お名前.comにてネームサーバーを設定する方法」で案内します。

スポンサーリンク

我が街”広島”の魅力を余すこと無くお届けします。
「おしい広島メルマガじゃけん!」

広島のビジネスから遊び、グルメに至るまでメルマガで配信しています。



コメントを残す