法人口座開設が断られる理由と開設までの道のり!広島銀行編

スポンサーリンク

 

 

会社設立後一番最初にやらないといけない仕事が「銀行口座開設」ではないでしょうか?

法人口座は「不正口座」対策の為、開設が年々難しくなっているという話は聞いています。事務方で仕事をされたことがない方は、揃える書類の多さに、嫌気がさすのではと思っています。安心して下さい。弊社でも、口座を開設できました。

どのように取得したか実体験を基に説明したいと思います。

 

 

どの銀行で法人口座を開設するべきか?

都市銀行
・地方銀行
・ネット銀行

大きく分けて、3つになりますが、まず最初に選択したのは「広島銀行」(地方銀行)です。

 

1.広島銀行を選んだ3つの理由

「都市銀行」「ネット銀行」など数ある銀行の中で、広島銀行を選んだ理由は以下になります。

1-1.個人口座で実績がある為

新規設立した会社には当然、信用がありません。ですので、代表者(社長)が審査されると考えたほうが良いです。その為、個人口座の実績がある銀行を考えました。

1-2.事務所から一番近い銀行(支店)がある為

至極当たり前ですが、最寄りに銀行がある為、地方銀行の中でも「広島銀行」を選択しました。

1-3.地方銀行で一番ATMがある為

ATMが沢山ある方が入金確認や振込が素早くできます。

 

2.法人口座開設に必要な資料

法人口座の開設に一般的に必要な資料は下記の通りです。

口座開設依頼書(銀行に備え付けのものです。)
登記事項証明書(登記簿謄本)
認証を受けた会社の定款
法務局から交付を受けた代表取締役の印鑑証明書
法務局へ届け出た代表印
銀行印に使用する印鑑
本人の身分証明書

※銀行によって、必要書類が微妙に違いますので、WEBサイト及び電話でしっかりと確認しましょう。

 

3.法人口座の開設を断られる理由

法人名義の預金口座が「利殖勧誘詐欺」などの犯罪に利用され、消費者被害が多発するなど、大きな社会問題となっています。このような現状を踏まえ、警察庁は各金融機関に対し、口座の開設手続を厳格化するよう要請し ています。

 

3-1.会社の所在地の最寄り支店以外で申請した場合

最近振り込め詐欺などで口座を悪用されるケースが多いので、どの銀行も会社の所在地の最寄り支店でしか口座開設を受け付けていないとのことです。

3-2.事務所の実態がない場合

都市銀行では、一般的にオフィスの賃貸契約書の提出が求められます。オフィススペース自体がないケース(バーチャルオフィス)や、固定電話がないなど、事務所の実態が不明であればあるほど、口座開設を断られる確率が増えてしまいます。

3-3.資本金の額が1円の場合

資本金は1円からでも会社は設立できますが、あくまでも登記上のお話です。銀行から信用を得たい場合はそれなりの資本金を用意したほう無難です。※弊社は50万円です。

3-4.事業内容や会社の事業目的が不明瞭及び不適切な場合

会社の定款に事業目的を多く書きすぎると不審がられてしまいます。そのため、事業の実態を証明できるような資料や実績を用意しとくのがベターです。

3-5.会社ホームページをきっちり作成していない場合

銀行によっては、会社ホームページを記載する項目があります。会社ホームページを所有してないだけで、開設できない銀行もあります。また、ホームページ自体も審査の対象になりますので、きっちり作りましょう。

 

 

 

 

スポンサーリンク

我が街”広島”の魅力を余すこと無くお届けします。
「おしい広島メルマガじゃけん!」

広島のビジネスから遊び、グルメに至るまでメルマガで配信しています。



コメントを残す